ピロリ菌と皮膚疾患との関連性

ピロリ菌対策の基礎知識

特に50歳以上に感染者の多いピロリ菌

ピロリ菌は、50歳以上の日本人の約7~8割が感染しているとされ、1983年に発見された本体が時計回りに捻じれている4ミクロン程度の微好気性菌であり、本体の端に4本〜8本細長い鞭毛がついており、鞭毛を回転させる事で動き回ります。
ピロリ菌は、強毒性と弱毒性の菌があり、強毒性の菌に感染すると慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を誘発し、胃がんの発症リスクを20倍以上に高め、胃MALTリンパ腫などの胃疾患を発症し易くする働きをします。
人間の胃の中は、非常に酸性度の高いPH1~2であり、ピロリ菌自体が死滅する環境ですが、胃の酸から胃壁を保護する役割を担っている胃粘液の中で活動します。又、この菌は、胃粘液の成分である尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解するウレアーゼと呼ばれる酵素を吐き出し、分解された強アルカリ性のアンモニアを纏い、強酸性の胃酸を中和させて生息可能な環境を維持しています。
日本国内では、胃潰瘍と十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫と特異性血小板減少性紫斑病、慢性胃炎に対して健康保険の適用が認められおり、除菌治療では胃酸分泌抑制薬であるプロトンポンプ阻害剤と2種類の抗生物質であるアモキシシリンとクラリスロマイシンが含まれているランサップが投与されています。

ピロリ菌と皮膚疾患との関連性

ピロリ菌と皮膚疾患 ピロリ菌は慢性胃炎や胃潰瘍などの胃の病気の原因になりますが、皮膚疾患の原因にもなります。
体内に生息する菌はウレアーゼと呼ばれる毒素を排出し、毒素は体中に広がってじんましんを発症します。じんましんはピロリ菌に感染していなくても発症しますが、ピロリ菌が原因のじんましんは皮膚が真っ赤に腫れて、強烈なかゆみに襲われます。
じんましんをそのまま放置しておくと、アトピー性皮膚炎になって慢性化する恐れがありますので、十分に注意することが必要です。
ピロリ菌によって発症したじんましんは、菌を除菌すると高い確率で完治します。菌に感染している人は、慢性胃炎や胃潰瘍も患っているケースも多いですが、除菌をすることによって、慢性胃炎や胃潰瘍も快方に向かいます。
いずれにしても、我慢ができないような強烈なかゆみのあるじんましんが出た時には、早めに病院に行って検査と治療を受けることが大切です。
菌に感染しているかどうかは、血液検査をするとすぐにわかります。治療法は抗生物質を使用した薬物療法によって除菌を行います。薬を飲んで1週間ほど経過すると、80パーセントから90パーセント除菌できますので、じんましんなどの症状は改善します。

おすすめの「体ケア」の為の情報リンク

胃の病気の原因と言われているピロリ菌についての情報まとめサイト

ピロリ菌のサプリメント

胃腸の悩みを抱えている人たちに愛されているマヌカハニーとは

マヌカハニーで美容・健康

CONTENTS

『ピロリ菌 皮膚』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/km6et1un/public_html/implant-okayama.com/index.html on line 85
Copyright (C) 2015. ピロリ菌対策の基礎知識. All Rights Reserved.